2006年 06月 29日

タッキー

実は私、無類の滝好きなんです。
怖いというか圧倒されるというか、何故か心躍り、コウフンしてしまうんです。。。
で、この前の休みの時に、今まで行けそうでなかなか行けなかった、安達太良山の白糸の滝に行ってきました。


f0062288_0101065.jpg
白糸の滝へは沼尻スキー場から登っていくのですが、途中源泉から引いているお湯があふれ出し、辺りを湯気で曇らせていました。
触ってみたけど、結構熱くて、まさに源泉かけ流し状態!!


f0062288_0102075.jpg
ここからが安達太良山の沼尻登山口です。平成9年に沼の平の有毒ガスで亡くなられた方の石碑があります。
今回は滝を見るだけなので、登山計画書は出さずに整備された登山道を登ります。


f0062288_0161526.jpg
登山口から歩いて程なく、、
キターーーーーー!!
スンゴイです!以前プロカメラマンが撮った紅葉の白糸の滝に魅せられ、ずっと行きたかった滝でした!
ちょっとガスがかかっていましたが、展望台から見るその滝はまさに圧巻!
しばし呆然と眺めていました。


f0062288_016253.jpg
これが広角で見た感じ。
滝の右上を通る作業道が見えます。でもあそこは行きたくない。。。
しかも、この滝はただの水じゃなくて、すべて温泉水!!!
あの滝の下でこの温泉を浴びれば、まさに天然の打たせ湯?になるかな?


実はこの道、昔は沼尻峠と呼ばれて、結構な往来があったらしいのです。
この滝の上に沼の平という火口があり、今でも有毒ガスが噴出している場所なんですが、江戸時代から明治時代まで、この沼の平で硫黄を掘り、結構賑わっていたそうなのです。しかも二本松藩と会津藩の境界に当たる場所なので、いろいろとイザコザがあったと本に書かれていました。
しかし、草木も生えない荒涼としたまるで月の世界みたいな場所でも、人間は入り込み、しかも生活していたんですから、すごいというか、なんか恐ろしいですねぇ、、、
今度は紅葉の時期に訪れて、チャンとしたカメラでこの滝を収めたいと思います。
[PR]

by tohriy | 2006-06-29 00:54 | 日記


<< ヘンテコリン      試射 >>